ウエダ家のにおわないぬか床

ウエダ家のにおわないぬか床 1kg

販売価格
2,000円(税込み2,160円)

数量

-
+
便種
宅急便冷蔵

商品詳細

農薬不使用の米ぬかに「ウエダ家の自然発酵乳酸菌」を加え、低温で乳酸発酵したぬか床です。

ぬか床独特のにおいがなく、やさしい乳酸菌の香りが特徴。

毎日かきまぜる手間もありません。

 

伝統的なぬか床にいるのは、長細い形をした乳酸桿菌叢。

「ウエダ家のにおわないぬか床」は、低温で育まれる丸い形の乳酸球菌叢が主体。

特徴は、

・床にあまみとうまみが出る。

・雑菌をおさえる→「におわない」

・捨て漬けなし

・野菜の発色がよい

・お手入れは1週間に1回程度

・乳酸発酵の米ぬかは消化に良い

 

原材料:米ぬか(国産)、食塩、発酵液(昆布、乳酸菌、酵母)、唐辛子

内容量:1kg

お届け:宅急便(冷蔵)

保存方法:冷蔵庫で保存(10℃以下)

販売者:株式会社フルーツバスケット

製造者:株式会社東明

企画研究:COBO株式会社

 


「乳酸発酵のぬか床」生活

◎ぬか床容器は、冷蔵庫にストック!

低温に強い乳酸球菌が、冷蔵庫の中で元気にはたらきます。

野菜を漬けているときも、いないときも冷蔵庫におきましょう。

 

◎にじみ出た水分はすぐに、ふきとること

水分にはカビが寄ってきやすいので、こまめに。

床ににじみ出た水分はすぐにペーパータオル等で拭き取りましょう。

  

◎さんみが出てきたら?→「自然発酵乳酸菌」でケア

日々、野菜を漬けていると段々とさんみが出てきます。

これは、野菜についている乳酸桿菌のはたらきかも。

そんなときは、床に「自然発酵乳酸菌」を0.5gほど、塩を少量まぜて

冷蔵庫で1日~床をやすませると落ち着きます。

 

◎野菜を漬けていないときは?→一週間に一回のお手入れでOK

低温に強い乳酸球菌を育むため、かき混ぜすぎないことが大切。

野菜を漬けていないときも冷蔵庫に置き、1週間に一回程度のお手入れで充分です

(1ヶ月~の長期保管は床をジップロックなどに詰め替えて、冷凍庫へ。

自然解凍すると、乳酸菌がはたらき始めます)。

 

◎白いものが出てきたら →適切なケアを

白いつるん、とした膜状のものであれば「産膜酵母」です。

無害ですが、においが出るので、膜の部分をすくい取ります。

白くふさふさした羽毛のようなものは、カビかもしれません。

一部であれば、深めに取り去り、床を覆うように広がっていたら廃棄してください。

取り除いた後は「自然発酵乳酸菌」と塩を適量、床のケアを。

 

◎床の味が抜けてきたら  →魚や肉のぬか漬けを楽しみましょう

ぬかのあまみやうまみが抜けてきたら、魚や肉のぬか漬けを楽しみませんか。

ぬかをとり出し、身の表面に厚く塗り、ラップなどして冷蔵庫へ。

ひと晩~1日後、床をぬぐって焼くと身はふっくら。調味もされていてやみつきの美味しさです。

 

◎ミニぬか床のつくりかた

ぬか床が減ってきたら、たしぬかをします。

ミニぬか床をつくり、たしていくイメージで。

めやすはカップ1杯の米ぬか、3-4%塩、「自然発酵乳酸菌」0.5g

水適量を混ぜて耳たぶ程度のやわらかさにします。

 

◎「乳酸発酵のぬか床」はいきている 

家庭の冷蔵庫で、低温に強い乳酸球菌を育み

雑菌をおさえてすっきりとクリアな床をめざしましょう。

「香り」「味見」しながらの対話がポイントです。